俺に解るように説明する "Armory Engine" 入門+

ゲームエンジン Armory Engine (Armory3D) の使い方を手探りで学んで入門しようって感じかな。

P2.玉転がし.22「得点カウンター」

f:id:ore2wakaru:20190213005927p:plain

クルクルが消えた時、"kuruNokori" から "1" 引こう。初期値 12 だから、12 個消えれば "0" になるよね。で、その「引く」という計算をするためのノードが、ずばり Math ノード。直球過ぎでござい Math(マス)。

続きを読む

P2.玉転がし.21「Trait は "オブジェクト" と "シーン" に」

f:id:ore2wakaru:20190212022218p:plain

Armory 3D Game Engine、そろそろベータ取れてもいいんじゃないのって思うけど、まだかなー。で、前回画面が "ぴたっ" と固まってしまった訳だが、今回それを解決する。一応、色々試してみてやっとこ解決出来た。動くぞ安心すろ。

続きを読む

P2.玉転がし.20「Canvas の Text にアクセスするぞー!」

f:id:ore2wakaru:20190210004557p:plain

前回 Set Property したプロパティーを今回は、Get Property して テキスト情報として Canvas(UI )に表示させる。もう書いてしまったが、Set したプロパパティーを Get するのは、Get Property ノードだ。分かりやすい。そして、Canvas にテキストデータを送り込むのが Canvas Set Text ノード。これも直感的に分かってしまうくらい分かりやすい。(Get Property / Canvas Set Text)

続きを読む

P2.玉転がし.19「Armory のプロパティーと Blender のプロパティーは違うぞー」

f:id:ore2wakaru:20190209223715p:plain

Armory のプロパティーは、変数みたいなもんだな。ただ、オブジェクトに変数を持たせる感じだ。(Set Property / On Init / Integer)

続きを読む

P2.玉転がし.18「UI で "Hello World"」

f:id:ore2wakaru:20190131222419p:plain

Armory で UI を扱うには、専用の Trait を持たせる必要がある。この Trait は今までのようにノードをつないでトントントン、とはしない。ちょっと注意。NodeTree ではなく Canvas というものを使う。で、・・・また面倒なことを覚えないといけないのか・・・と思わずに、ゆっくりやっていこう。

続きを読む